FC2ブログ
モンスターハンターフロンティア3鯖で活動中の暢の徒然なる日記です。 (C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2009 ALL RIGHTS RESERVED.
MH3動画撮影準備完了
2009-08-05 Wed 01:32
とりあえず、WiiをPCで録画できる環境を準備できました。多少機材購入したのもありますが、机周りを片付けてWiiとD端子分配器を置くのが大変でした。録画の開始、停止、編集はPCでやりますから、Wiiとプレイ画面、PC画面が近くに置いてないといろいろやりにくいのでこういう感じに・・・。

SANY0145.jpg


キーボードが2つあるのは、wiiでのチャット用と、PC用ですね。

ってか、ケーブルぐっちゃぐちゃですね。・・・いいえ、気にしたら負けです。

奥の白いのがWii、銀色のがSONYのSB-RX300DというD端子セレクター(分配器)になっていて、Wiiの映像出力をPCとプレイ画面(右側)に分配しています。左の画面はPC用画面。

ちなみに、PCにはMonsterX-iというキャプチャボードを入れてあります。別にモンハンだからMonsterってわけじゃなくて、普通に販売名称です。
D端子をハイビジョン解像度でキャプチャできるキャプチャボードのひとつです。ほかにIntensity proなんかもありますが、こちらのほうが使いやすいようです。付属のソフトで十分いけますね。

なぜこんなことをするかといえば、このキャプチャボードは遅延がかなり少ない方であり、直接Wiiをつないでwindows上でプレイすることもできるのですが、どうしても2~3フレームほどの処理遅延が起きるようです。

2~3フレームというとパッとしませんが、ゲーム上では1秒が30フレームですから、回避性能なしのときの無敵時間が6フレーム(0.20秒)、回避性能+1で8フレーム(0.266秒)、回避性能+2で10フレーム(0.333秒)ということで、意外と2~3フレームもあなどれないのです。

なおこのやり方はXBOX360とか、PS3、PS2などでも使えます。ニコ動やyoutubeにアップされている家庭用ゲーム機の映像はおそらくこの方法で録画されているものがけっこう多いはずです。
この辺の話は書き出すとキリがないので、詳しくは、
VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki  をごらんください。
MHFを含むPCゲームの録画についても非常に詳しく説明されています。

ってことで、動画の試し撮り。今のところ私のプレイがへったくそで見せられないので、とりあえずMH3のオープニングでも・・・。



なんというか、アフリカって感じですね。弱肉強食。

なにも1匹のアプトノスをめぐって、ここまで争わなくてもいいだろって思ったのは私だけではないはず・・・w

でも、なんというかMH3は生態系が重視されてるというのは、プレイしていてよくわかります。いままではこのクエではこいつが出てきて、こうやってあぁやって・・・みたいのが決まってますが、MH3の場合、狩り場が『不安定』となっていたりすると、自動マーキングした地図上に突然部外者のボスモンスターが乱入してきたりということがあるのです。

狩り場が不安定で、クリペッコなんかがやってきたときに、どんどんいろんなボスモンスター呼ばれるとけっこう大変です。ドスジャギィとボルボロスのクエで、クリペッコが乱入してきて、さらにボルボロスをもう一匹呼ぶというひどい目にあったことがあります。

まぁ、これはこれで個人的には面白いかな~って思ったりします。時に非常にイラつくのですけれどね。


それにしても、今までのシリーズでおなじみだったモンスターがぜんっぜん出てこないんですよね。絶滅しちゃったのかしら?全面的に新しいモンスターで構成されてる感じですね~。まぁ、楽しいからいいんですけど。

さて、明日こそラギアクルスに会いにいけるかしら。
スポンサーサイト



別窓 | PC環境ほか | コメント:0 | トラックバック:0
グラボをアップグレードしてみた。
2009-04-06 Mon 00:25
グラフィックボードを換装しました。
いままではGefoce7600GSだったんですけど、9800GTX+にアップグレードです。

9800GTX+といいますと、一世代前のハイエンドクラスです。今でこそ285GTXなどがありますが、9シリーズでは最高性能ですね。

ハイエンドグラボだと出始めは10万超えもザラですが、型落ちであり、しかも9800GTX+自体がマイナーチェンジモデルで出始めから5万円程度であったこともあり、1万5000円ほどで購入できてしまいました。コレね
ファンもいいものを使っているし、なかなかのお買い得品なのは間違いないハズ・・・。
電源も不足するので650Wに換装して準備完了。換装総費用は23000円ほど。

現在のメインPCはこのような構成になりました。

マザーボード:ASUS P5VD2-VM (V3-P5V900 ベアキット付属)
CPU:Core 2 Duo E6420(2.13GHz)
メモリ:512MB*2 (DDR2 Single Channel)
グラフィックボード:AX-98GTX+/512D3
HDD hitachi HDS721616PLA380 160GB
電源 KT-650BJ
OS WindowsXP SP2

もともとセカンドPCとして使ってたものなので、メモリがシングル動作だったり、HDDの容量が少なめだったり、そもそもマザーがかなりの格安品だったり、アンバランスで突っ込みどころ満載の自作PCなんですけれども、グラボとCPUを標準以上にしたのでゲームをやるには案外快適だったりします。

ためしにMHFベンチマークでは
7600GSでのスコアは1500程度(1280*1024でしたが、かなりのスコアアップ
benchmark.jpg
だいたい、MHF推奨PCのデスクトップモデルくらいのスコアでしょうか。

7600GSでは起動すらしなかった重量ゲームのロストプラネットも最高設定でもサクサク。

ぶっちゃけてしまうと、MHFにはこんな高性能グラボなんて必要なくて、7600GSでも十分なんですよね。スコアも1000台でも問題なくプレイできてしまいますし・・・。

ただ、最近は多重起動したり、デュアルディスプレイにしたりしたのでやや負荷が大きくなってきたこと、そのうち、ゲームの動画でも作ろうかと思ってるので、全体的にPCの性能を高めたかったなどの理由で、アップグレードしてみました。
まぁ、一番の理由は9800GTX+がここまで破格になったことに驚いて衝動買いしたわけですがw

ゲーム動画についてはのんびり準備しています。決して人に披露できるような技量ではありませんが、まぁ、おもしろそうなものが出来たら載せてみようかと思います。いつになるかは・・・不明ですw
別窓 | PC環境ほか | コメント:0 | トラックバック:0
イー・モバイルとネットブックでMHFを試す
2009-02-18 Wed 01:14
北海道から帰りました。ただいまです。関東はあったかいですね~。

すごく私事ですけれども、イー・モバイルに契約しました。で、さらにnew PCも購入。ASUSのN10Jです。いわゆるネットブックという小型端末の類ですね。

理由というかいいわけというかですが、私、電車通勤でして、毎日2時間は電車の中なんですね。いままではぼけーっとしたり、居眠りしたりしてたんですけど、なんとなく時間もったいないな~ってね。
ブログぐらい書けそうですからね。

で、せっかく買うからにはちょっと吟味してみます。懐具合的にそこまで高級なPCは購入できませんので、ターゲットはネットブックの価格帯。3万~7万円のノートPCです。
最近になって出てきたこのような低価格ノートPC。ちょっと前まではこれぐらいの大きさのノートというと20万は下らないくらいの高級機種で敷居が高かったのですが、ASUSがEee-PCというのを発売してから、一気にこの分野が発展しました。

とはいうものの、安いのには理由があり、性能は決して高くありません。ネットブックという名前からもわかるとおり、インターネットとメール程度の使用を想定して作られている端末なわけで、メインPCというつもりで購入するとがっかりすること請け合いです。

現行機種はほぼどれもAtomというCPUを搭載しています。これはインテルが低価格&低消費電力を主眼において作ったCPUです。それにメモリ1ギガバイト、ハードディスク120~160Gバイト、8.9~10.2型液晶というのが大体主流でどこのメーカーも同じ構成なので、性能はどんぐりの背比べです。
MHFをやるには間違いなくスペック不足です。グラフィックがオンボードグラフィックのためきわめて貧弱なんですね。

ところがここに一筋の光が。

ASUSがAtomにオンボードグラフィックに加えてGeforce9300MGSを乗せたネットブックを発売しました。それがN10なんですね。価格は大手の量販店で64800円+ポイント10%くらい。実質5万円台ですね。ネットブックでは高級な部類ですが、それでも+1万円というところでしょうか。

これはもしやネットブックでもMHFができるかもしれん・・・

インストールしてみた。

いくら9300MGSが乗ってるとはいえ、さすがにAtomでは厳しいかと思いきや、全然。なかなかのレベルでプレイできます。シンシアなど人が多いランドではややもたつくものの、おそらく多くの人にとっては満足できるレベルのプレイ環境でしょう。4人での狩りも問題なし。
低スペックではかなりきついとされるマイトレでも、ネコ侵入OFFにしなくても十分動きます。

液晶は10.2インチで小さいですが、デスクトップの液晶モニタや、HDMIで液晶テレビに出力することもできます。

ニコニコ動画やyoutubeなどを見ると、N10でMHFをプレイしている動画がいくつか見つかります。けっこうできるということですね~。いい意味で期待を裏切られました。お金をかけずにMHFが出来るノートを探しているには案外お勧めできると思います。

MHFのベンチもフルスクリーンで1200台出るようです。

そこで・・・・

今までは家の光回線での接続でしたが、イー・モバイルで接続したらどうなるかということです。

いや、いくらなんでも、携帯電話と同じような回線で狩りは出来んでしょ・・・

と、思いきや。これまた意外と出来ます。確かにロード時間が倍くらいになったり、シンシアなどがさらに激重になったりはしますが、なんとか4人プレイも出来ます。
ただ、けっこうラグが大きめになりやすいので、ホストはとらないほうが周りに迷惑をかけないかもしれませんね。上り速度が遅いのが影響してるのでしょうか。
ソロプレイなんかでは全然問題なし。

回線速度は理論値では7.2Mbpsまでの規格ですが、5とか6Mbpsはまず出ないでしょう。出ても2-3Mbpsで平均すると1Mbpsを超えるかどうか、という程度でしょうか。もちろん地域によってかなり差が出ます。
MHFの推奨環境は1MBpsでしたね。ギリギリというところでしょうか。

時々『ランドに戻れませんでした』とか、マイハウスへの入室の際にエラーが出たりするものの、意外と接続が切れることはありません。もちろん私が住んでるのが、都市部ですから、地方にいったらどうか分かりませんけども。おそらく各県庁所在地レベルの都市であればこれぐらいの回線品質がありそうな気がします。

というわけで、N10とイー・モバイルがあれば、それこそマックでビックマックかじりながらでも、電車の中でも、外でもMHFが出来るわけですね!

まさに

モンスターハンターフロンティア・ポータブル! (≧∇≦)b

n10jmhf.jpg
隣にあるのは大きさ比較用の350mlペットボトルです。意外と小さいでしょ?

いやいや・・・まじで快適ですよ。コレ。 高速移動にも強いので、電車の中でもMHF動かすことが出来ました。とりあえずキーボードプレイに悪戦苦闘・・・。キリン穴ハメがやっとだったりw
バッテリーもMHFやりながらでも3時間くらいはいけそうですね。
もう少しいろいろ検証してみよっと。

ばいば~い^^ノシ




別窓 | PC環境ほか | コメント:5 | トラックバック:0
| 暢のドンドルマ日記 |

RSSフィード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

暢のドンドルマ日記は携帯からもごらんいただけます。

QRコード

アクセス解析